その晩、清美は月明かりを頼りに、昼間自分を無視した自衛隊員のテントに忍び込んだ。
 昨晩、立て続けに3度も自慰行為をして、未明になってから寝たはずの清美だが、昼間は自衛隊員にイチャモンをつけているだけなので元気であった。しかし、自衛隊員は酷暑の中で汗みどろの作業を続けていたため、既に寝入っていた。
 自衛隊員には、明日も猛暑の中での過酷な作業が待っていたので、口先だけの何でも反対活動しかしていない清美のような夜遊びをしている暇がなかったのだ。
 清美はテントに忍び込むと、男くさい匂いを一杯に吸い込んだ。
 清美は既に欲情していた。自衛隊員のホンモノが欲しくてたまらなかったのだ。今夜は、自分の指などでは満足出来そうもなかった。

 自衛隊員は、ぐっすり眠っていた。眠っている隊員の下着をずり下ろして、その下半身を剥き出しにした清美は、自衛隊員のイチモツを指で弄びながら、猛々しくそそり立ったそれが、自分を貫く様を想像して舌なめずりした。
 清美はゴクリと喉を鳴らすと、隊員の袋の部分に舌を這わせた。
 隊員は、昼間の疲れでぐっすり眠っており、そのような行為をされても目を覚まさなかった。
 清美は、袋全体から足の付け根を舐めまわしながら、右手で隊員のイチモツを愛撫した。
 自らの行為に昂奮しながら、清美は陰茎の裏筋に舌を這わせた。
 清美は口のまわりを涎でベトベトにしながら、隊員の亀頭の周辺を舐めまわすと、大きな口を開けてパクリと隊員のイチモツをしゃぶった。
 若い活力に溢れた自衛隊員は眠りながらもイチモツに血液を送り込み、それを硬く大きく膨張させた。
 清美は、嬉しくなってジュポッジュポッと音を立てながら頭を上下に動かした。

       ;;,.:.ヽ::.::.::.::.::.:::.::."'‐----‐''"::.::.::.::.::.::.::.:::.l:./::.::.::l
       ::.:i.:.:l、:.::.::.::.::.::.::.::.:.:..:..:..:.:.::..:..:::.::.::..::......:.l:./::::...:.:.l
       ::.::.i::.::l::.::.::.::.::..::..::..::..::..::.....:....:::.::.:......:....:.:l/::...:.:.:.::ヽ  
       ::.::.:.ヽ..i::::.:::.:::..::.ヽ:..:::::.:..::::.l:.::.:......:...:.:..:...l::.:::.::.:;.::.:.,,,-、 ,,、,, 
       ....::.:l:..ヽi:::.:::.::..:......:ヽ..:、,,:::.:l::.::.......::......:...ヽ-'.,:.:.:.:/::::::::''::;;;;'Y
       ::.::.:..:l::..:ヽ::............:.....:ヽ‐-、,.........:.:......../゛゛ ,、'  ノ:::::::::::::::::::;;;{. 
       ::.:::.:..:.l::.:.l::.:..:.........:........ヽ:.:.:゛':........:...../  ./:::.::..:ゝ;;;:::::::::::::::::;ノ   
       :::.:.:.:.:.::lノ:.:.::...........:...........ヽ..:.:...:..:.:.:.:/  '、::.:: /''‐ ,,, ;;;;;;"i .lヽ 
       ::::..::...:.:.l.:..::::::.:..:.::::::::..:.:....:.:.:..::..:.:..:./    ゛'‐----‐‐''''""'ヽ '、ヽ
       :::::::..:.:..:.:l.:::::::::.:.:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:,、-'         ,、、、、-‐‐i゛ ヽ. ヽ
       ::.:......::.ヽ;l::::.:.:.:.:.:....::,、-'.:....:./::....   ...::::::::::''''"" ,、i"゛l"'''ヽ  l  l
       :::::::.:.:.:.:.:.:ヽ'‐--‐''"::.:.:.:./::::::::::........:::;;;;;;;;::::::::::::''"゛}::"i、:゛"'、ヽ、l  .l 
       :::::..:.::..::.:::.:.ヽ::::.:....:::..::/:::::::::::::::,、-'i"゛  ゛i"'''''''''゛::::.:i゛'‐、,i、    l





 途端に、自衛隊員が目を覚ました。
 「イテ〜っ!(><)ナニすんだ!この出っ歯!!
 どうやら清美の歯が隊員のモノに当たったらしい。
 「何するんだ痛いじゃないか!」自衛隊員が怒ると、清美は謝罪した。清美は謝罪すると快感を感じる性質があった。
 「謝罪してすむことかっ!」自衛隊員が怒ると、「補償のために、私の体を自由にしていいです!」清美は言った。
 清美は謝罪の他に、賠償や補償という言葉に自虐的快感を覚える性質だったのだ
 自衛隊員は「まぁ、やりたがっているみたいだし、俺も溜まっているからこんな女でもいいからキツ〜イ一発でもお見舞いしてやるか」と思ったが、「『自由にしていいです』とは何だ!『私の体を自由にしてください』と言わなければ謝罪になっていないじゃないか!」と叱りつけた。
 清美はますます自虐的な快感を覚え、パンティを下ろすと股間を指でパックリと広げ、「ここも採掘してください」と哀願した。
 自衛隊員は、仁王立ちになり「今度歯を立てたら承知しないぞ!」と言って、ひざまずいた清美にイチモツを咥えさせた。
 しかし、清美は歯を立ててしまった。立ててしまったというより、清美の口はそうなっているのだ。
 「イテテ…」自衛隊員は、「もういい!後ろを舐めろ!」清美にそう命令した。
 清美は自衛隊員の肛門に舌を這わせながら、指先で隊員の亀頭を愛撫した。
 「よし、横になれ」自衛隊員は清美に命令した。
 自衛隊員は、清美の胸をわしづかみにすると、乳首に吸い付いた。「あっ!」清美は思わず悦びの声をあげ、背中をのけぞらせた。
 「広げろ!」自衛隊員は清美にそう命じた。清美が足を立てて股間を広げると「オメコを指で広げるんだよ!」隊員は、東北出身だったが、清美が関西人なのでわざと関西弁で女性器の名を言った。


''、,             `''ー、,_      ::/::/';;;;、-‐:、:::ヽ::;;;;;;;;;、ヽ;;;;ヽ;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;i:i;;;;;'、      :::::::::/:::
   `-、               `ー'''/`'ー''ー、__;;;;;;;_、-‐'''''"";;;;;;;;_,,,,,,、-‐‐‐‐‐‐--、,,,,/ヽ    :::::::::::ノ ::: 
     ヽ,               ヽ、 i.  `、 ヽー、;;;;;;;;;_、-‐''"´  ::::::       ::::::~`ヽ、,,、、-‐'''"::::
       ヽ               ヽ, '、、 ヽ '、 `、_         ::::       ::::::::::/:::::::
       ヽ::               `''"ヽ i `、 ヽ`'ー、        ::::::      ::::::/::
        ヽ:::                 `、,i. i`、,,i`''''ー、,_    _,,、         /::::
         ヽ::::                 ヽ'´      `'ー、''"    υ     ノ:::::
    ,、-‐‐‐--ヽ:::::::                   υ     ヽ、      ;;;;   ::::::    
 _、-''´ _,,,,、--、,,,,;、::::::::::                       :::::::::`''ー    ;;;;;;;;  ::::   :::
-'  、-''"      ヽ:::::::::::::                        :::::::::::  ;;;; ノ丶;;  :::   ::::
´ /         `,::::::::::::::::::                       ::::::::::: / λヽ  ::::  :::
..,;'´           ヽ::::::::::::::::::::                      :::::;::: i;:;:/ ヽ;:i ,'::::   
、i             ヽ::::::::::::::::::::::                      :'、';:::ヽ`i/;ノ; ノ:::::::
 ヽ            `、、:::::::::::::::::::::                    :::::::ヽ'、;ヽノ:,;'::: ::::::::
  ヽ             ヽヽ、:::::::::::::::::::::::                  :::::::::::`、'、;;;'/::::::: ::::::::::::
    ヽ           ヽ  ヽ、::::::::::::::::::::::::                 ::::::::'`、:;;:: ::`' ::::::::::::::::::
     ヽ            ヽ  ヽ、::::::::::::::::::::::::::              ;ノ::::::υ;ii;:::`;::: ::::::::::::::::::::::::::   _、
      ヽ           ヽ    ヽ、::::::::::::::::::::::::::::           :::::::::: :::::,i::::::、,ヽ:: :::::::::::::::::::::::_、-''"
       ヽ         -'''"ヽ、   `' 、::::::::::::::::::::::::::::::   υ   :::::::::ノ':::/'-、,,::::::' ::::::::_,,、-‐'''"´
         ヽ        '"´~ `"~^~^''ー`'ー、,,_::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::_、-'"    ~^'''''''"´
          ヽ              ::::::::ヽ ~`''''ー--------‐‐''''"´        


 清美のそこは既に蜜が溢れていた。
 「両手で広げろ!」隊員に言われて清美が両手でアソコを広げると、パックリ開いた膣口からはすでに、米のとぎ汁のような本気汁が溢れ出していた。
 自虐趣味を持つ清美は、自衛隊員の言葉だけで昂奮し切っていたのである。
 自衛隊員は、清美が広げている部分に顔を近づけると、そこにむしゃぶりつき、犬が水を飲む時のように、ピチャピチャと音を立てて舐め始めた。
 清美は、また「おぅっ!おぅっ!」とケモノのような声をあげると、自衛隊員の頭を股間に挟みつけ、手で頭を押し付けた。
 「苦しいじゃないか!馬鹿野郎!」隊員は顔を離すと、清美の膝を持って脚を大きく開かせると、イチモツを清美の中に埋め込んだ。

 清美は隊員の腰に両足を絡め、両手で隊員の腰を自分の方に引き付けた。
 自衛隊員は、その手をふりほどき、清美の頭の上で万歳させるように押さえ付け、激しく腰を動かした。
 「マンせーぇっ!おぉ〜〜っ!おっ!おっっ!」清美は、穴を掘り慣れた自衛隊員の突撃で激しく身悶え、ケモノのようなよがり声をあげた。
 その頃には、テントの周りに順番を待つ隊員達が股間にテントを張りながら列を作っていた。
 「この売女!売国奴!」そうののしると自虐的快感で清美はさらに昂奮するようだった。
 清美は「売女より、従軍慰安婦って呼んでっ!」と注文をつけた。その方が自虐的快感が昂まるらしい。
 「俺はな、コンドームなんか持ってねぇんだよ!だからお前のオメコにたっぷり精液を注ぎ込んでやるぜ。わかったか売国奴!」清美は「あぁ…もっと、もっと売国奴って言って!」とさらに激しいよがり声をあげた。その声はテントの外に居てもはっきりとわかる声だった。
 「従軍慰安婦!売国奴!」テントの外からも、そんなコールが巻き起こった。


 自衛隊員は、清美を四つん這いにさせると、バックから思い切り肉棒を突入させ、激しい攻撃を加えた。
 清美は半狂乱になって悶え、隊員の激しい突撃にとうとう「いくっ!いくっ!いくぅ〜〜!!」と言って絶頂に達した。
 ひくひく痙攣しながら「清美イッたで」と訴える清美に対し、容赦なく突撃を繰り返した自衛隊員は清美の膣の中に、カンボジアで溜めた精液の全てを放出した。
 隊員が肉棒を撤退させると、清美の膣口からは大量の精液がドロリと流れ出した。
 隊員は、ズボンをはくとテントを出て、「おい、次。」と順番を待っていた同僚に告げた。
 同僚がテントに入ると、すぐ「おぅ!おぅっ!」というケモノのような清美のよがり声が聞こえてきた。
 外で待つ隊員達が「従軍慰安婦!売国奴!」とコールすると清美は、マゾヒズムの快感に酔いしれながら「マンセ〜ッ!」と何度も オーガズム絶頂に達した。


/ ̄\::::::|:::::/:::......-―――--..........__/:::::::::::::::\
   ┌ー ̄::::::::::::ヽ::|:::..-^ ̄            ^ ヽ、:::::::::\     
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::/                  \::::::::ヽ   
    ヽ:::::::::::::::::::::::/             ::::       \:::::ヽ   
    ヽ::::::::::::::::::/              ::::::::        \::::|_    
     ):::::::::::::::|              ::::*:::::       ヽ:|::::ヽ
     /::::::::::::::::|              ::;;;;:          l::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::|             ノ::ii:ヽ::          l::::::::::|
    |::::::::::::::::::::|            /::::;リ:::l::::         |::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::l           ...l::::;リ:::/::         /:::::::::::::|
    .|::::::::::::::::::::::l          . /:ア/:::        /:::::::::::::::i
    l:::::::::::::::::::::::::l          ./::`^:::::        /:::::::::::::::::/
    ヽ::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::        /:::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::::::::::l        /:::::::::::::      /::::::::::::::::::::::/
     /::::::::::::::::::::::::i __-ー--=;;;::::::::::::::  ....::::/:::::::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::::::::::::::::i":::::::::::::::  ヾ─ 、/"ヽ:/::::::::::::::::::::::::::::l
     ヽ::::::::::::::::::::::丶::::::::::   /   il   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::/


 2番目の隊員は、清美の口いっぱいに射精した。
 清美は隊員が大量に発射した精液を全て飲み干した。ここでは貴重な蛋白源であった。
 それから夜が明けるまで次々に隊員達は清美の膣内、口の中、髪、顔に射精しまくった。
 「俺達は射精はするが、謝罪などしない。わかったな!!」隊員達はそう言うと、日本に帰る清美を見送った。
 清美は、韓や奸または菅に姦されると感じるのだ。カンボジアで、漢に姦されて一通りの「カン」を味わった清美は帰国後も相変わらず、自虐的快感を求めてケモノのような快感を味わっているらしい。
 もう、お棺に入った方がいいかもしれなかった。


この話とは無関係(笑)ですが、強く推薦する本↓
ああ、堂々の自衛隊/宮嶋 茂樹 (著)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー