國賊新聞27号
靖国神社参拝問題4(Part1)

 2006年8月15日、小泉首相が靖国神社を参拝した。国賊新聞でも靖国神社参拝問題は、これで其の四となる売国党の主戦場の一つである。
 先日のデモで民度の低さを世界中にさらけ出し、北京五輪への不安もにじませてしまった共産党一党独裁国家の中国や火病のあまり見苦しさを全世界に嗤われている韓国は、思ったより静かな反応だったが、これまでの反日教育とそれでしか国民をまとめられない前時代的な政権運営しかできない体質から、一応の抗議をしてきたが、これまでの抗議と比較してトーンがかなり下がっていた。
 国賊マスコミは、「それを次期政権を見据えての…」なんぞと屁理屈をつけているが、次期首相の最有力候補の安倍官房長官の持論を知る人なら、それが屁理屈以下の妄言であることがわかるだろうが、売国主義者の必死さが伺えて微笑ましいとも言える。
 このところ日本政府や国民感情がインドに接近していることや、日本企業の中国からの撤退などを憂慮していることもあるが、それ以外に、工作員からの報告を元に、日本の一般世論の中に嫌中、嫌韓感情が膨らんできたことをマズイと思っているのであろう。
 こんなときこそ売国党は危機感を強めなければいけないのだが、流石に各マスコミはその辺のコツを心得ているようで、必死にプロパガンダとアジテージを繰り返しており、日本売国党の勢力未だ衰えず!といった感が強い。

 今回の小泉首相の参拝は前回と異なり、昇殿の上、本殿で行われたが、それはさしたる問題ではない。今回の特徴は参拝後に首相が15分以上も参拝について会見している点にある。
 前者のことを言えば、十分な資料的根拠を持って、物静かな反論を行う女性論客・櫻井よし子氏は、簡易的に行われた参拝形式などに批判的だったが、これが評論家としての限界であろう。同氏を政治家にと考える人も多いようだが、売国党にとって脅威名人物であるのは事実だが、政治家のような現実路線には向かないであろう。
 国内でその言動に最も責任を持たねばならない一国の首相があれだけの売国奴からの批判や働きかけを受けながら参拝を強行するのは、一コメンテーターが主張することとは大違いだからである。
 その件についても、首相は、「伊勢神宮では神道形式で参拝しているが誰も政教分離の原則に反するなどと批判しない」と、売国奴の得意な二重基準を批判したが、マスコミは当然の如くスルーすることにより、売国党にとって都合の悪い発言を公にしないようにしたのは流石である。
 また、今まで説明責任云々言っていたマスゴミ共の方たちが、折角15分も会見をしたというのに、思い切り省略して報道している点は、流石売国奴と称賛する次第である。
 しかも、「靖国参拝を問題化させているのはマスコミ」、「靖国参拝を問題化させようとする勢力」などの言葉は、テレビ、報道を含め一切しておらず、会見を聞けば納得できる内容のことまで蒸し返している馬鹿コメンテーターが多くいることは、国語の読解力も無いので、学習塾にでも行った方が良いと思われる馬鹿っぷりをさらけ出し、売国奴としての資質をアピールしているのが心強い。
 元日本遺族会の会長である古賀誠氏は、いつもの売国発言を控えていたが、次期総理が安倍氏になりそうなので、個人的利益を優先したのだろうが、売国奴らしい薄汚さは立派なものの、きちんとした売国発言を期待していた売国党員の期待を少々裏切ったと言える。


NEXT

TOP
無料ホームページ掲示板