セブ島から特攻出撃した大和隊隊員植村少尉が幼いわが子にあてた遺書

 素子 素子は私の顔を能く見て笑いましたよ。私の腕の中で眠りもしたし、またお風呂に入ったこともありました。
 素子が大きくなって私のことが知りたい時は、お前のお母さん、佳代叔母様に私のことをよくお聞きなさい。私の写真帳もお前のために家に残してあります。
 素子という名前は私がつけたのです。素直な、心の優しい、思いやりの深い人になるようにと思って、お父様が考えたのです。
 私はお前が大きくなって、立派なお嫁さんになって、幸せになったのを見届けたいのですが、若しお前が私を見知らぬまま死んでしまっても、決して悲しんではなりません。
 お前が大きくなって、父に会いたいときは九段にいらっしゃい。そして心に深く念ずれば、必ずお父様のお顔がお前の心の中に浮かびますよ。
 父はお前が幸福者と思います。
 生まれながらにして父に生き写しだし、他の人々も素子ちゃんをみると真久さんにあっている様な気がするとよく申されていた。
 またお前の伯父様、叔母様は、お前を唯一の希望にしてお前を可愛がって下さるし、お母さんも亦、御自分の全生涯をかけて只々素子の幸福をのみ念じて生き抜いて下さるのです。
 必ず私に万一のことがあっても親無し児などと思ってはなりません。
 父は常に素子の身辺を護っております。優しくて人に可愛がられる人になって下さい。

 お前が大きくなって私のことを考え始めたときに、この便りを読んで貰いなさい。

昭和十九年○月某日                  父

植村素子へ

追伸
 素子が生まれた時おもちゃにしていた人形は、お父さんが頂いて自分の飛行機にお守りにして居ります。だから素子はお父さんと一緒にいたわけです。
 素子が知らずにいると困りますから教えて上げます。


 この遺書を読めば、植村少尉がどういう気持ちで出征して行ったのか、その心情が少しはわかるであろう。
 誰だって、幼い娘を残したまま死にたくはないはずである。戦争という非常時に国家のために命をかけねばならなかったことを後世の人間がとやかくは言えない筈である…が、これを読んでも帝国主義だの軍靴の音が聞こえる、このような意識は右翼思想だ!戦争美化だの罵らなければ、真の売国奴とは言えない。
 中国様や韓国様からの内政干渉は問答無用で受け入れ、靖国を参拝しようとする人に対しては、軍国主義者のレッテルを貼らないとならない。
 その点、流石に売国党への投票で堂々1位、しかも全得票の30%を独占するという圧倒的な支持を得ている土井たか子氏は、日本の自衛権はどうでもいいような発言をしていながら、中国の軍事パレードを見て賞賛の言葉を述べている。
 その上で靖国参拝に関して、中国や韓国と一緒に罵倒するという人の心を持っていれば決してできない行為が平気で出来るからこそ、拉致家族からの嘆願を即座に朝鮮総連に密告して、日本人の生命を脅かすような売国行為ができるのである。
 生粋の売国主義者である筑紫哲也氏のように、敵艦にのみ攻撃目標を定めて攻撃した植村少尉のような戦没者をサディストでしかないザルカウイのような気違いテロリストと同一視することができるようになれば、一流の売国奴と言ってよかろう。
 くどいようだが、最後にもう一度、某英国人が童話に書いたウサギの言葉を書く。

 「先人達の贈り物の上で生かされている自分というものをわきまえない生き物は、自分がどう思っていようとも、ナメクジより哀れな生き物である」

 売国奴はナメクジより哀れにならねばならない。真の売国主義者になるためには、相当以上の覚悟と他者犠牲が必要である。



軍神・広瀬武夫(売国奴と逆の人格)
  ↓
軍神ロシヤにおける広瀬武夫(上)
軍神ロシヤにおける広瀬武夫(下)


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー