母国侮蔑を世界に配信!

 國賊新聞では、「新聞は信頼できる情報源である」というのが最早幻想に過ぎないないことに気づかない人々を騙し続ける朝日新聞や、テレビジョンという、より大衆に誤った観念を植え付ける手段として優れている方法で偏向報道を続けるTBSに続き、小朝日と呼ばれるように、朝日新聞の二番手に甘んじた言われ方をしながらも売国活動に勤しんでいた毎日新聞が、とうとうインターネットという手段においても、侮日記事を発信するという売国活動的快挙を大々的に報じるものである。
 日本最強の売国報道機関であるという評価が固まっている朝日新聞は、相変わらずの売国報道を心がけているようだが、最早、その売国主義的記事が広く知られるようになりすぎた感もあり、国賊新聞でいちいちネタとして取り上げるまでもないのではないかと思われるほど地道な活動を続けていた。しかし、そのマンネリ感を打破すべく、毎日新聞が「我こそは売日新聞なり!」と、朝日追撃の狼煙をネット上であげたのである。インターネットの特性を利用して母国侮蔑を世界に配信するという手法は反日外国人や売国主義の個人が発信しても効果が薄いが、虚名ながら一応、「三大紙」と呼ばれる毎日新聞の名を使用して世界に配信するという手法は一定の効果が期待でき、売国活動としてはかなり高いレベルにあると評価できる。
國賊新聞
弐拾八号

 朝日新聞はその崇高な売国主義に基づいた紙面作りで、売国主義者から圧倒的な支持を受けているが、実は毎日新聞もなかなか頑張っていることは國賊新聞7号でも触れている。しかし朝日新聞のようなカリスマ売国奴の前では、やや目立たない存在だったのは否めない。だが、朝日新聞がインターネットの普及で、その売国活動をあばかれるような時代になった今、売国主義をインターネットであまねく世界に広めることが重要であることに疑問の余地はない。しかし、押紙が多いとは言え、一定の発行部数を誇る大衆紙である朝日、毎日は売国記事の矛盾をネットで指摘されることが多いため、インターネットを敵視するような記事を掲載することも多かった。
 馬鹿なだけに時代の変化についていけないのは戦前からの特徴であるが、毎日新聞としては、「これではいけない!」と感じたのであろう。敵視していただけにインターネットが苦手なのか、反日外国人を雇って、下衆なゴシップ記事を元に反日侮蔑記事を書かせ、何の裏も取らずに世界中に配信するという画期的な手法をとったのである。
 わざわざ、英語で世界に配信するということは、どうせすぐバレるにしても、一度一人歩きしだした情報が世界中の侮日感情を煽るだろうという意味では一定以上の効果があるだろう。
 しかも、馬鹿のクセに必死で覚えたメタタグで日本風のエロ話好きな外国人が検索しやすいように、わざわざ"hentai"なるキーワードを入れていることは、どうしても日本を卑しめたいという執念さえ感じ、売国主義者として高く評価できる。
 しかし例によって、ネット上での批判が高まると、「日本国内で発行された雑誌の一部を引用したものとはいえ」などと、他人の記事のせいであるかのような見苦しい責任転嫁をしつつ、「Mainichi Daily Newsサイトに掲載したことは問題があったと考え、その時点で削除し、それ以外に問題がありそうな過去記事もアクセスできないようにしました。」程度の対応ですまそうとするのは、今後も隙あらば売国活動を続けようという意欲が伺えて頼もしい。

 以下にその低俗極まりない馬鹿が「毎日デイリーニューズ "WaiWai"」に、センズリをカキながらカイた記事のタイトルを引用する。(@wikiより)

「母は、成績を落とさないために堕落する」 "More moms going down, to ensure grades go up!"
…「日本人の母親は、中学の息子が入学試験に合格するためにはどんなことでもする。『お母さん』、息子のハルキは内気に、しかし、しっかりとした声で言った。『お母さんとやりたい』。そして、毎晩、ハルキの勉強は、15分間の母親によるフェラチオから始められた。 彼の集中力は向上した。そして彼の成績は急上昇した。」もはや新聞記事ではありません。どうみてもポルノ小説です。本当にありがとうございました。

「防衛省は‘ロリータ’マンガキャラクターを使って内部を明らかにする」 "Defense Ministry turns to 'Lolita' manga character to reveal inner self"
…「自衛隊が広報のためにマンガを作った」というニュースを、「かつてパールハーバーと南京大虐殺(レイプ・オブ・ナンキン)を起こした日本政府が、ペドフィル(児童性愛者)向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」と、悪意ある記事に。ちなみに、抗議があったためか、現在の毎日新聞のサイトからは「レイプ・オブ・ナンキン」の記述は削除されている。

「エロ寿司屋で舌なめずりするようなご馳走」 "'Erotic sushi' bar serves up tantalizing treats"
…おそらくどこかの夕刊紙のエロ記事から取ってきたであろうと思われる。「北海道には寿司屋を偽装した風俗店があり、そこで40分で「2人前」いただいた」というクソ記事。

「女性たちは昔の恋人との"リサイクル・セックス"によって全身全霊に活力を得る」 "Gals refresh body and soul by 'recycling sex' with old beaus"
…「デブでハゲで臭い旦那から、昔の恋人に抱かれに行く人妻」という、週刊誌でよく書かれているオヤジが喜んで読んでそうなバカ記事を、あたかも日本での流行かのように紹介。

「日本童貞クラブは、柔道の練習や描線によって童貞を捨てると誓う。」 "Japan Cherry Boys Club vows to end innocence by drawing lines, practicing judo"
…日本の童貞が女性と付き合うためにどうがんばっているのかというクソ記事。

「古来の米祭りはセラピー効果の洗顔クリームとして評判となっている」 "Ancient rice festival has reputation smeared by ‘therapeutic’ facial cream claims"
…「福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている」。毎日新聞は「顔射」なんて言葉を使うんですね。さすがクオリティペーパー。

「致命的な'イクイク病'は頂点に達している」 "Deadly 'iku iku byo' reaches a climax"
…「24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている」んだって。「日本の女性は淫乱」という、反日ガイジン、中国人、韓国人が喜びそうなデマをタレ流すライアン・コネル及び毎日新聞の意図は何?

「鯨を食べる人たちは銛の音の喜びについて語る」 "Moby Dick diners spout joys of harpoon tang"
…「世界中で最も荘厳な動物である鯨は世界中で愛されている。日本では、しかし、人々は単に彼らを食べることを好む。」さすがオージー、やっぱり反捕鯨。

「首相は、結婚ではなくオナニーのおかげで権力の座を確保できると主張する」 "PM claims five-knuckle shuffle, not wedlock, helps secure grip on power"
…週刊現代からの真偽不明の小泉変態話を書き連ね、この記事によって「日本の首相は変態だ!」というフォーラムがいたるところで作られて盛り上がっていました。

(題名不明)「20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある」
…ソースは「Spa!」だって。死ねよ。

「ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる」 "Fast food sends schoolgirls into sexual feeding frenzy"
…「ハンバーガーを食べる傾向は日本の女子高生たちを日本で一番の色情狂に変えました。専門家は、今日の女子高生の無分別な振る舞いは、ハンバーガーのせいだと答えました。」はいはい、日本女性は淫乱ですね。ライアン・コネルの妻は日本人らしいが、こういう記事を見てなんとも思わないんだろうか?

「コック、野獣、悪徳とその偏愛者」 "The Cook, the Beast, the Vice and its Lover"
…「六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」んだって。日本人って本当に最低な人種ですね。

「米大企業にとっての毒リンゴ、小型Gポッド」 "Buzz on handy gPod a poison apple for US giant"
…「マクドナルド」をもじった風俗店「ヌクドナルド」の紹介記事。Gスポットと自慰をかけた「Gポッド」という商品もあるそうな。くだらなすぎ。

(題名不明)「ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている」
…ある猟師経験者の男性がこのように発言したという。「日本人とは何とでもセックスする」と題した海外のフォーラムでこの記事を見つけた。

「濡れてワイルドに : 主婦は近所のコインシャワーで大金を稼ぐ」 "Get wet and go wild: housewife rakes in extra loot at the neighborhood body wash"
…主婦が郊外のコイン・シャワーで、シャワーを利用している男性相手に売春をしているという記事。

「私たち少女の間でだけで−−風俗産業の隠されたスラング」 "Just between us girls -- the secret slang splurted in the ejaculation industry"
…風俗産業で使われている隠語の詳細な紹介記事。「即・即・即」とは「即シャク、即ベッド、即アナル」のことらしい。他にも「駅弁」や「イラマチオ」など。

「セックス中毒者の匿名グループは共に集う」 "Sexaholics anonymous groupies let it all hang out"
…誰かとセックスしたくてたまらない病気になった女性が、同じ悩みを持つ仲間たちと集ってセラピーをするという記事。動物とセックスをした男性や、鯉とセックスをした女性が登場。

「変態私立教師が元生徒のパンティーを盗んで逮捕」 "Pervy private school pedagogue pinched for purloining ex-pupil's panties"
…大阪の名門の私立学校の教師がかつての教え子のパンティーを盗んで逮捕されたという記事。

「気難しい日本の女王様たちは、悪臭を放つペニスを敬遠する」 "Picky Japanese princesses pass on putrid peckers"
…未婚の日本人女性は、悪臭を放つペニスを持つ男性と結婚することを嫌がる、という記事。

「性病が日本の熟年層にも広がっている」 "STDs spreading to Japan's older ranks"
…日本では性病は若者の病気と思われていたが、複数の相手とセックスしたり、オーラルセックスをする熟年女性が増えているので、性病が蔓延するようになった、という記事。

「甘い香りで彩られたセックスによってもっとたくさんのお金を稼げる、と風俗少女は発見する」 "Sex coated with honey makes you more money, fuzoku fillies find"
…ソープランドで働く女性についての記事。

「ちゃんと状況に向き合えよ、君はセックスに溺れている」 "Might as well face it, you're addicted to sex"
…日本はセックス中毒者対策に力を入れているが、効果がない。性犯罪者に対する更正プログラムがどのように行われているか、という記事。

「"ルービックキューブ・セックス"が、日本の内気なベッドルームを改善するために広まっている」 "'Rubik's Cube sex' peddled as latest cure for Japan's bedroom bashfuls"
…ルービックキューブ・セックスとは、挿入している間にさまざまに体位を変えること。これにより、日本人の不器用なセックスが改善される、という記事。

「見捨てられた女性が、崩壊した「チョンのマ」売春宿の外で春を売る」 "Discarded women sell spring out of crumbling 'chon-no-ma' brothel"
…かつて、「チョンのマ」と呼ばれる売春宿が各地にあったが、政府の規制により潰された。かつての「チョンのマ」の跡地で、年を取った売春婦に会う、という記事。

「女性たちはブートキャンプでセックス・テクニックを会得する」 "Girls get good grip on sex technique at booty boot camp"
…OLの72%が、セックスをより堪能するために何らかのトレーニングを受けているという。バイブ、フェラチオ、あえぎ声などを練習するために女性たちが定期的に集まっている、という記事。

「灰色の世代が"ピンク"産業を黒字に戻す」 "Gray generation puts 'pink' economy back in the black"
…日本の経済が回復しているかは、ピンク産業を見ればわかる。援助交際・ソープランド・ナイトクラブ・ゲイバーについての記事。

「服装倒錯祭りはゲイの宣伝になる」 "Cross-dressing festival lives up to its queer billing"
…横浜の服装倒錯者の祭りについての記事。

「利益は痛みという犠牲を伴う、と十代の売春婦は発見する」 "Gain comes at cost of pain, teen tarts discover"
…15歳の少女の売春婦が一晩で客を5人とらされ、子宮に炎症を起こしてしまった、という記事。

「セックス・ショップは世界陸上に先駆けて汗をかく」 "Sex shops sweating ahead of World Athletics Championships"
…世界陸上を開催する大阪では、海外に報じられないように警察が風俗店を潰してまわっている、という記事。

「財布にやさしい健康的なヘルピング・ハンド」 "A healthy helping hand that won't deplete your wallet"
…もし「本番」や「素股」をやるためのお金がなかったら、2980円で「手コキ」をしよう。まだ10代の少年から退職した老人までみんな手コキを利用している、という記事。

「酒と甘い言葉 : 彼女をはじめてのデートでおとすダークな芸術」 "Booze and flattery: The dark art of getting her to give it up on a first date"
…日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る。失恋した女性や孤独な女性がどのようにして一夜で男と寝るか、という記事。

「サービスエリアでのホット・アクションは、ドライバーを再び路上に送り出す」 "Hot action at service areas sends drivers on the road again"
…高速道路のサービスエリアで、トラック運転手がウェイトレスとセックスをした、という記事。

「女性はセックスについては冗舌だが、マスターベーションに関しては口を閉ざす」 "Ladies loose-lipped on sex, but masturbation gets diddly squat"
…日本人女性はセックスライフについてはよくしゃべるが、マスターベーションの話はしない傾向がある。それは日本の男性中心社会に原因がある。日本の男性社会は女性の自慰のための障害である、という記事。

「清潔に保つ、明治スタイル : 日本のコンドームの歴史」 "Keeping it clean, Meiji-style: The rise of the condom in Japan"
…明治時代以降の日本のコンドームの歴史と、戦前に大陸に娼婦として渡った「からゆきさん」についての記事。

「多くの女性が「自分が必要とされている」と感じる風俗嬢になるため、キャリアの仕事を捨てる」 "More gals turning backs on career jobs to feel 'wanted' turning tricks"
…大卒で結婚プランナーとして働いていた女性が、仕事に対するむなしさを捨てきれず、風俗嬢になった。そこでは「自分は必要とされているんだ」という充実感を得ることができる、という記事。

「職場の女性を激しくこき下ろす、女同士の喧嘩はありふれている」 "Catfights common as females fiercely flay one other in the workplace"
…日本のファミレス、デリヘルでの女同士の醜く陰湿ないじめの事例。デリヘルの事例ではhonbanなんて言葉も。

「"エスプレッソ・ホールド"という持ち方で、気持ちの悪い生き物を持つことは笑い事ではない」 "Cuddling up to creepy creatures using the espresso hold is no laughing matter"
…『生き物の持ち方大全』という、日本で出版された生き物を持つ方法について書かれた本の紹介。

「美しい心を持つ秘訣として、性問題専門家は官能的なイメージトレーニングを称賛する」 "Sexperts tout erotic image training as the secret to a beautiful mind"
…セックスアドバイザーが今や、女性に詳しいテクニックまで教えている。自分のあえぎ声や"イク時の顔"を撮影して、特訓を重ねるというような変態的な事例がいくつか紹介されている。

「元気な卓球選手の猥褻な盗撮動画は偽物だと、ポルノ専門家は言った」 "Prurient peeping pics of perky pingpong player are pretenders, porn pundit proclaims"
…卓球の福原愛選手をモデルとしたアダルトDVDの話。大学の近くに住む早大生の郵便受けに、このアダルトDVDのビラが入っていたという事件にも触れている。福原選手の体のどこがどう魅力的かという無駄な性的描写あり。

「一体どこまで低年齢化が進むのか?疑似児童ポルノの売人はみだらな"リンボ"の世界にゆったり腰を据えている」 "How low can they go? Pseudo pedo-porn peddlers loll in lascivious limbo"
…15未満の子供を対象とした疑似ポルノが日本に蔓延していることを指摘した記事。

「運動の早稲田大学が、官能的なDVDで学校精神(とクラスメートの欲望)を刺激する」 "Athletic Waseda co-ed arouses school spirit (and classmates' libidos) in sensual DVD"
…・ハンカチ王子で有名となった運動の早稲田大学から、高嶺さゆりという現役早大生がAVデビューしたという記事。身長・スリーサイズやDVDの紹介、彼女のセックスに対する価値観などがつらつらと書いてある。


※コメントは@wikiのものをそのまま掲載しているが、売国主義者の方々は同じような感想を持ってはならない。

バカ丸出しw
【如何にも理痴的な感じの記事の執筆者ライアン・コネル】

 これら反日・侮日記事が、クオリティペーパーを自慰自認する侮日新聞のサイトから毎日毎日大量に配信され、それを反日外国人や中国人・韓国人が世界中のフォーラムに転載し、日本人に対する人種的偏見を増幅するための手助けとなっていることは、 常識的な人間であれば、目眩がしそうな事態であるが、朝日に追いつけ追い越せ!という毎日の売国主義への傾倒ぶりがうかがえて、日本売国党としては頼もしい限りである。しかも、毎日新聞は(真偽の裏付けもとらなかないまま)別の雑誌などから引用した記事を単に翻訳だけだからと、記事の責任を負わないと明言しています。つまり、責任を放棄した上でデマをタレ流すという意味では、朝日やTBSを模範とする伝統的な売国活動であるとも言えます。
 このような開き直りは、売国主義を広げる場合に絶対に必要なことであり、一度配信されてしまえば鼠算式に転載され、取り返しのつかなることを良いことに、「削除しました」という通り一遍のお詫びをするふてぶてしさが売国奴には必要です。

※アクセスログを見ると侮日新聞の方も読んで戴いているようなので、褒め足りなかったらご指摘下さい。もっとヨイショします。

毎日新聞社←アクセスログ位とっているだろうから、クリックして売国党に褒められていることを知らせてあげましょう!

関係者の言葉



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー