売国奴の鏡、岡崎トミ子氏落選

 日本国内に必死で外患を誘致しようと頑張っている売国主義の方々があまたいる中でも、嘘も千回繰り返せば真実になるという信念の元に、毎週水曜日に韓国で行われているという反日デモに参加し、現職の政治家として、外国で自国の大使館にむかってこぶしを振り上げ、シュプレヒコールを繰り返すと言う、世界でも類例を見ない売国行為が賞賛されている岡崎トミ子参議院議員が、2013年7月21日に行われた第23回参議院議員通常選挙に出馬し、215,105票もの売国奴への投票に成功しながらも、みんなの党から出馬した和田政宗氏に5000票余り及ばず3位となり落選してしまった。このことは、売国主義者にとっては痛恨の極みである。
 岡崎トミ子氏は、朝鮮民主党とも揶揄されている民主党の所属議員というだけでなく、民主党設立の呼びかけ人であり、結党時の副代表でもあるが、民主党が日本人のためではなく、(特定亜細亜の)在日外国人のための政党で有ること、良識有る国民なら最初からわかりきっていた、財源無きバラマキ政策を始めとする、非現実的なお花畑ド馬鹿集団であることが、一般の国民にもバレてしまった現在、選挙戦で苦戦するのはわかっていたが、2012年12月16日に行われた第46回衆議院議員総選挙で、学生時代の活動家仲間からは「弁当運び」と尊称されていた仙谷由人氏の徳島県、これぞ親の七光りという支持母体越山会という巨大支援組織を持ちながら、他人の悪口をくだらないダジャレで言うことしか能の無いオバハンである田中真紀子氏の新潟県での落選に続いて、遂に宮城県でも優秀な売国主義者が落選してしまったのである。
 岡崎トミ子氏の落選は、売国党員にとっては、痛恨の極みではあるが、宮城県にはまだ、この売国奴である岡崎トミ子氏に対して、215,105人もの有権者が投票しているという事実があることも、売国党員としては、認識し、次の選挙においては、是非、国会に送り込み、殺人犯を捜査一課の課長にするかのように、国家公安委員長に推す必要があるだろう。


       ________________
       |      挺   対   協       |
       | 軍         __       日 |
    ∧  .| 国∧    \/:::::::::::::\/    本 |
   / ゙、_|_/ ゙、   /::\:::::::::::::/ヽ    反 | 
  / \    / \  |:::::::::\:/:::::::::|    対 | 
/     |---|    \ |:::::::::/\:::::::::/  ,,..-----|,  
\     /  .|    / ヽ/:::::::::::\/  /., ,,,,,,,,,,,,, ヽ 
  \  /-----|  /  / ヽ---- ゙\ /. ミ  "" '' \ヽ 
 /         \        ____ /,/  ''""  "'' || 
/   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  〔6'   '~~  '~~ |  
|   ̄\韓国挺身隊問題対策協議会 l,|   .ノ ,、,ヽ .|
ヽ __)                 /::ヽ  ノヽ---' /
 \ |       被  害  者_____,/:::::::::ヽ,,_ .__,,,,/|
   |             r'''゙:::::::::::::::::::::::::::::`く  /:::::::゙\
   |       謝  罪 ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/ |::::::::::::|
   |________ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /:::::::::::::|

岡崎トミ子(民主党)
※民主党設立の呼びかけ人
 結党時の副代表
國賊新聞
四拾壱号


 今回の選挙から、インターネットの使用が解禁になったが、宮城選挙区で岡崎氏を破って、初当選したみんなの和田政宗氏(38)の選対本部長の林宙紀衆院議員(35)は、動画サイトで、岡崎トミ子氏が韓国で反日とされるデモに参加した際の写真を使い「あなたの一票を託せますか?」とする動画を配信。
 岡崎陣営の郡和子衆院議員が、「ネガティブキャンペーンで当選しようとする人が、どんな政治をするのか。人の悪口ばかりではがっかり」と疑問を呈したが、林氏は「事実を伝えただけ」と意に介さないという。
 ネット上でも、「政治家として公費で政治活動したんだから胸を張って堂々と自慢すればいいじゃないか。大嫌いな日本に、大好きな韓国人の仲間とともに抗議してやった、って。」とか、「政治的な主義主張をそのまま流されるとネガキャンになるって、普段日本人に敵対してないと言えないぞ。」などという声が聞こえたが、馬鹿なりに、自分たちの発言が真っ当な一般の国民に受け入れられ難いことだけは薄々わかったいるらしいのだが、事実は事実なので、売国主義者も苦しいところではあろう。
 何はともあれ、売国主義者の同胞においては、大事な反日主義者を国会に送り込むことが出来なかった反省をし、次回の選挙では是非、売国の風を吹かせる努力をする必要があろう。
 今回は、2ちゃんねるにコピー&ペーストしてあった、下記の文章が名文とされているが、確かに、具体的で、岡崎陣営にとってマイナスになったことが想像される。

宮城県民よ、わかってるな。 
何よりやらなければならないことは、 
売国奴である岡崎トミ子を落選させることだ。 

自民党の愛知治郎はすでに当選確実。 
天と地がひっくり返っても落選することはない。 

となれば、もう一議席はみんなの党の 
和田政宗を当選させるしかない。 
和田を支持するかしないかの問題ではない。 
岡崎を当選させるか落選させるかの問題だ。 
岡崎を落選させるためには、和田を当選させるしかない。 

宮城県民は日本全国から笑いものにされたくなかったら、 
和田に投票しろ。 
前回の神奈川県民を見習うのだ。

 上記文章は、まともな人間なら怒りに震え、売国主義者なら賞賛する、岡崎氏の素晴らしい売国行為についての動画をアップした(ネガティブ)キャンペーンより、効果があったことは確かであろう。
 動画を見た、一般の宮城県人が怒りに震えた結果、自民党に投票しても2位で岡崎氏が当選する可能性が大きかったのだから、「岡崎を落選させるためには、和田を当選させるしかない。」というのは、大変わかりやすく、具体性に富んでいて、実際の効果があったと推測される。
 そもそも、和田陣営の“ネガティブキャンペーン”は、自分の主張を宣伝してくれるのだから、本来は喜ぶべき話であるはずなのに、自ら「ネガティブキャンペーン」と非難しているところをみると、一般の国民に受け入れられないことだけは、馬鹿な頭なりに理解出来ているようである。
 次回は、表面的にはわからないように売国活動をする必要があるかもしれない。



西田昌司議員が岡崎国家公安委員長に直接「売国奴」と賞賛!

激!お奨めの1冊↓
まれに見るバカ女との闘い

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー