朝鮮半島への謝罪と賠償

 昨今、外国人の凶悪犯罪が多発しています。(警視庁資料参考:pdfファイル
 これと同じように朝鮮併合当時、悪い奴はどこにでもいるわけでして、朝鮮半島でも不良邦人が不正を働き、朝鮮人を苦しめた事実が存在します。その一部の邦人を持って日本人全てが表現されている以上、日本人全員つまり国家をあげて「悪いヤツ」なのです。
 売国党員は、南北朝鮮に対し「日本は良いこともした」などと絶対口に出してはいけません。そんなことを言えば、例え政権政党の大臣であっても人権派の勘違いマスコミ等に叩かれ、首が飛ぶからです。
 いくら、併合前の朝鮮の実態が悲惨な状況だったとしても、「当時の朝鮮は庶民の貧窮が甚だしく、その支配は極度に腐敗し、寄生的で、没落の運命は火を見るより明らかだったが、日本の統治により、人治主義から法治主義に転換するなど、社会構造を近代化したことは、何よりも日本の貢献であり、世界に誇って良い」などという発言をしてはなりません。
 例え、韓国の発展に日本が寄与したことを認める人であっても、彼らの性質上「我々が頼んだわけではない」と言われてしまいます。
 飢えに苦しむ北朝鮮やアフリカ諸国の子供達や病気になれば祈祷師に頼るだけの生活の方が幸せだと思っているのかどうかはわかりませんが、朝鮮半島の人々は、日本がそれを救ってあげた事実に対しても、「文化を伝えてあげた(※注韓国の歴史教科書には、コンプレックスの裏返しで、やたらと日本に〜してあげたという表現が書かれている)」はずの日本が生意気にも(世界的にも類例を見ないほどねちこい国民性を持つ)優秀な我が国を統治したのだと憤慨しているのです。
 当時の他国の植民地支配と比較して、日本の統治が少しも苛酷なものではなかったなどと言うのを今更、聴く耳など持ち合わせていないのだから、売国党員は決してそのような発言をしてはなりません。
 法的根拠を求めるなら、日本による朝鮮半島の植民地的支配は「不法」ではないことは、余程の馬鹿でない限り理解できるはずですが、韓国などが主張するのは「当時自分たちが不満だった」という感情を根拠としています。しかし、立派な売国精神の持ち主の政治家やマスコミがこれら「不法」と「不満」をごっちゃにしてくれています。
 売国党員としては、それをゴッチャにする程の馬鹿になり、これらを混同して、日本国として朝鮮半島の方々に謝罪し続ける必要があります。
 「不満と言う感情は理解できるので、その点については申し訳ないことをしたと謝罪する。しかし、それは感情レベルの話であって、不法行為をしたという謝罪はできない。」などという合理的な解釈などしてはなりません。
 売国奴らしく、不法で非人道的で、良いことなど何もしていないという立場で謝罪するのです。
 皆様方の投票により選ばれた党員は、流石にこれらを実践している立派な売国党員ばかりです。

 また、日韓の間での補償問題は、1965年に締結された「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との協定第二条」で「完全かつ最終的に解決された」ことが確認されています。
 すなわち、日本は韓国人戦争犠牲者に対して、サンフランシスコ講和条約で連合国側が決めた方法で国家間補償を実施しました。当時の外貨準備高の約4倍の資金供与を受けた韓国政府は、それをもって日韓のすべての補償問題が「完全かつ最終的に解決されたこと」を確認し、今後それに関して「いかなる主張をもなしえないこととなること」を認めたはずですが、立派な売国党員になるためには、そんなことは忘れて、その後の韓国からの要求に対しても賠償を行わなければなりません。
 なぜなら、日本の統治になって法が整備されたために、土地の所有権も確立されて豊かになったせいで、生産性が飛躍的に増大し、人口が1千万から2千5百万人まで増えてしまったのです。
 つまり、朝鮮半島の生産性をあげるような真似をしてしまったことを反省しなければならない理屈になります。
 軍事用資産を除き、北朝鮮30億ドル、南朝鮮23億ドルの計53億ドルもの資産を日本が置いてきてもまだ足りないのです。やはり国を売るしかありません。

 日本統治時代の朝鮮半島では、ベトナムのような活発なゲリラ活動が行われなかったため、民衆を大量虐殺する必要はなく、一部の無法な者の残虐行為は当時の軍隊の常として有ったとしても、日本軍自体がこのような虐殺をしなければならない立場にはありませんでした。
 しかし、一部売国党結党以前からの売国主義の方々が、これらの虐殺を肯定するばかりか様々な事件を捏造し、さらにこれが現在の売国党人権派の流れとなる方々によって広く報道および教育がなされたことにより、もはや「日本軍は僅かに良い事をしたが、中国では南京大虐殺、朝鮮では従軍慰安婦問題などを始めとする悪行の限りを尽くした」という捏造が一人歩きした事実となっています。
 しかし、日本の朝鮮併合による統治時代の日本軍の蛮行や朝鮮戦争当時の米軍の虐殺行為については声高に補償や責任を主張する南北朝鮮ですが、韓国が加害者として参戦したベトナム戦において、韓国軍がベトナム民衆の大量虐殺を行った(不完全な公式集計だけで5000余人を集団虐殺)にも関わらず、ベトナム人の被害者たちに対しては一貫して無視して来ました。
 これは、韓国軍指揮部が作戦の際に「きれいさっぱり殺し、きれいさっぱり焼き尽くし、きれいさっぱり破壊する」「逃がすよりは誤認射殺のほうがましだ」「見えるものはみなベトコンだ」「水(人民のこと)をかき出して魚(ベトコン)を捕らえる」「子どももスパイだ」「穴のある家は全部ベトコンだ」などの戦術指針を持っていたためです。
 朝鮮半島における日本統治時代の日本の貢献は無視して蛮行のみを強調する韓国は、自軍の民衆虐殺という自国にとって都合の悪い戦争犯罪は忘れたかのように、「韓国軍が道をならし、学校や病院を作り、生活必需品を支援し、テコンドーを普及?するなど対民支援事業に多大な貢献をした」という自らに都合の良いことのみを強調しています。
 しかし、流石に世論が許さない状況になった2001年、さりげなく「米国の傭兵として仕方無くベトナム戦参戦」したのだという止むを得ない立場であることを匂わせながら、「日本のように玉虫色な態度はとらないということを外交的に誇示する」ために、金大中大統領がベトナム戦終戦以後初めて謝罪発言をし、300万ドルを投じて民間人虐殺被害地域に病院建設を行いました。
 しかし、金大中大統領の謝罪に対し、韓国の野党サイドや退役軍人らからは、「謝罪は行き過ぎだ。参戦将兵の名誉を傷つける。大統領の歴史認識を疑う。」として批判の声が出ています。
 韓国では謝罪すべき時でも謝罪しないようですが、まともな国なら謝罪すべき時に謝罪するのを売国行為とまでは言いません。ただし、韓国では、正しい歴史認識ができる親日家は売国者と見なされます。
 その点、日本売国党では、謝罪する必要も無い時に謝罪するという国賊そのものと言っていい素晴らしい政党です。
 ベトナム戦争の件について、国定韓国高等学校国史教科書には「共産主義の侵略を受けていたベトナムを支援するために韓国軍を派兵した。(全文)」とたった1行もの多大な行を割いての詳細?な記載がなされています。
 朝鮮半島の人々ほどの粘着性が無いせいか、ベトナムでは朝鮮半島の人々が国家をあげて反日教育をしたのと異なり、ことさらに反韓教育をしませんでした。そのため、朝鮮半島の人々が日本の国技で日本に勝つという屈折した目的で柔道が盛んになっているような目的を持たないため、テコンドーはそれほど広まっていません。
 しかし、朝鮮半島では国家をあげて、大いなるマスターベーションとも言うべき「自国民族礼賛主義」に基づいた偏頗なナショナリズムによる反日教育を施し、日本から謝罪と賠償を得ようと言うのです。
 日本からの謝罪と賠償を得ることは、そのマスターベーションを完結させる射精行為に似たものであり、射精すればスッキリするのは自明の理であります。
 つまり、朝鮮半島の方々は射精してスッキリするために、日本に対し、「シコシコしろ!」と要求しているわけですから、日本売国党では朝鮮半島の方々に射精感の満足を得ていただくためにもシコシコと謝罪と賠償をする所存です。
 ただし、射精してもすぐまた溜まって来るので永遠にシコシコ謝罪し続けることが肝要です。

参考資料:李完用侯の心事と日韓和合



共産党が愛国政党?イエイエ立派に必死に国を売っています。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー