集団的自衛権

 集団的自衛権に対するマス・メディアの役割は大切です。一応、反日マスコミ(一般的には、特定亜細亜の工作に自分が乗ってしまっていることに気付かない単細胞な偽善的売国奴か、本当に特亜の工作員)が、「戦争が出来る国にして良いのか!」などと、馬鹿丸出しの主張をしていることを日本売国党は大いに支持するものです。

 このことは、政権を取りたいだけの野望から、必死で議席回復を狙っている(一時期はgoogoleの検索ワード「売国党」で、我が日本売国党を差し置いて1位検索になっていた)民主党の安全保障問題に対する態度を相変わらず、その母体である旧社会党(これが、売国パワーの源であることは言うまでもないが、他党から来た者、新入党した者もこの類いの輩が多い)のブサヨク思想により、「党としての見解」を統一出来ないでいるため、マスコミは、民主党は政権復帰のためなら何でもしかねないと考え、どちらかと言えば、売国主義を広めるにあたって頼りになる共産党や社民党、果ては、権力のためなら糞でも食うという立派な思想の小沢一郎氏が組んだ山本太郎氏などと共闘するべく、相変わらずの偏向報道を繰り広げていることを高く評価するものです。


 そもそも、「集団的自衛権は有しているが、それは行使出来ない」とは、馬鹿馬鹿しいにも程がある屁理屈であり、行使出来ないなら、「集団的自衛権など有していない」ということになります。もっと馬鹿なのは、「戦争が出来る国になろうとしている」という、カルト教団や詐欺師が人を欺くために使う呪文のような内容空疎の言葉の遊びキャンペーンです。これこそ、売国奴の方々が、平和念仏の如く、ブツブツ唱えるべき言葉でしょう。

 本来、「戦争が出来る国になろうとしている」とは、馬鹿か阿呆か?と思わざるを得ないほどの思考停止した言葉ですが、これまで、我が売国主義を毅然とした態度で進めてきた売国ブサヨクの方々の洗脳により、「戦争が出来る国になろうとしているのはヤバイ!」という、危機感−これは、まるでカルト教団が、洗脳のための集団催眠にかける時に使う手段です。
 昔、人類最終戦争がどうのこうのと危機感を煽って、信者を洗脳し、サリンをまき散らしたテロ集団がありました…というより、今も活動しているので過去形では言えないのですが、正にあの手法です。
 「戦争が出来る国になろうとしている」などと言って、恐怖感を煽った上で、戦争の悲惨な部分をクローズアップし、その後に、改憲や解釈の変更の反対を叫べば、多くの国民を洗脳し、日本を弱体化することが出来るため、売国奴の方々は是非、この「戦争が出来る国になろうとしている」という単語を利用するべきです。
 昨今、日本を卑しめるための「従軍慰安婦強制連行」の偏向捏造記事が大嘘だとバレて、言い訳や話のすり替えに必死である朝日新聞も、元祖売国メディアの旗頭として、この屁理屈をまき散らしています。
 売国主義を広めるためにも、テレビや新聞だけでなく、ネットでもこの念仏を唱える必要があります。

 「戦争が出来る国になろうとしている」という呪文は、多くの人を思考停止させることができます。
 冷静に考えれば、「戦争が出来る国になろうとしている」ことの何が悪いのか、さっぱりわからないはずです。
 普通に考えれば、「戦争が出来ること」=「戦争をする」では無いのは至極当然のことであり、そんなくだらない論議をしているのは、「警察官に拳銃を持たせたら、人が殺せる人になる」と言っているのと同じです。
 では、「人を殺せるようになったらまずいので、拳銃は与えない」で済むのか?と言えば、当然答えはノーであり、警察官にその抑止力が無ければ、凶悪犯もテロリストもやりたい放題ということになります。
 「人を殺す能力がある」ことと、「人を殺す」ことは別次元の問題です。
 しかし、単細胞の大馬鹿のクセに、自分は賢いと勘違いしている単細胞の偽善者は、過去にも、銃を乱射して、人質を取って、船を乗っ取り、警察官を狙撃して重傷を負わせ、強行偵察中の警察のヘリコプターも狙撃して墜落寸前にしたという、瀬戸内シージャック事件では、犯人を狙撃した警察官を殺人犯として訴えたりしています。
 こういう馬鹿者は、自分が人質になって銃を突きつけられたら、どうするのでしょうか?まぁ、自分は死んでも良いと思っていたとしても、それを自分以外の一般人に押しつけたりは出来ないはずですが、それを他人には押しつけようと言うのが、自称知識人で平和主義の売国奴です。この態度は素晴らしいまでの偽善的態度です。売国奴の方々は見習わなければいけない態度でしょう。
 そんなわけで、冷静に考えれば、自衛権ある限り、安全が脅かされた時には、「戦争が出来る」のは一向に構わないことです。中には、「侵略されてもそのまま言うなりになれば良い」という、頭の中がお花畑の方もいますが、これらの方々も売国党としては必要な人材だと考えております。
 そもそも、本当は自衛権を有している限り、最初からどこの国でも「戦争が出来る」のです。むしろ、抑止力が有った方が戦争は起きないのは、織田信長の登場によって、戦国が集結に向かったのを見てもわかるはずです。
 話はそれますが、もし、憲法9条にあのような条文が無く、拉致された国民を救うために、北朝鮮に「攻撃するぞ!」と脅せば、北朝鮮も態度が変わっているでしょう。逆に考えれば、もし、北朝鮮が、日本国民ではなく、イスラエル辺りの国民を拉致して、イスラエルの首相が、「24時間以内に返さないと、一発ブチ込むぞ!」と脅せば、即座に被害者を帰すでしょうし、そもそも拉致事件自体起こらないかも知れません。
 自衛のためですら、相手を攻撃しないという国が有ったら、侵略を考えている勢力から見て、鴨葱でしかないでしょう。
 兎に角、「戦争が出来る国になったら、何故いけないのか?」という当たり前の疑問を持つ前に、「戦争が出来る国になろうとしているぅ〜(~0~)♪」と、ドンチャンドンチャン騒ぎ立てて、国民を思考停止にさせることは、売国活動を推進する上で、大変重要な政策です。
 「戦争が出来る国になろうとしている」という呪文をひたすら唱え、愚民共をたぶらかし、日本を無力化するために、これからも日本売国党は、さらに、邁進していく所存です。

いちばんよくわかる!集団的自衛権
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー