親日国への侮辱的仕打ち

 次の話は、毎日新聞の夕刊コラムにあった話として、ネット上に流布しているものです。

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。
太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。
やがて戦況は日本に不利となり、いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れた。
自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
それを聞くなり隊長は激高し叫んだという、
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに…見せかけだったのか。
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
船に乗って島を去る日、日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。
しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。
その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。

 パラオをはじめミクロネシアの島々は、1914年、第一次世界大戦中にドイツ領から日本の占領下となり、戦後は、国際連盟の委任統治領として日本の施政下に入りました。
 第二次世界大戦末期、ぺリリュー島の日本軍守備隊は、兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1000倍の敵米兵に対し、持久戦に持ち込み、全く補給なしに73日間この島を守りました。
 パラオの島民は、日本人を慕っており、ペリリュー島に住んでいた大人も子供も日本兵とともに戦う決心をしていたそうですが、日本軍はこれを押しとどめ、夜間を利用して住民全員をパラオ本島に退避させました。
 上記の話はこの時のものだということですが、あの売日新聞とも呼ばれる毎日新聞のコラムにこうした美談が載るのは、俄かには信じられないため、掲載期日等を調べましたが、わかりませんでした。
 しかし、住民全員をパラオ本島に退避させたというのは、本当の話です。
 1944年11月24日16時に、パラオ本部に中川大佐から軍旗・機密書類をすべて焼き払ったことを伝える「サクラ・サクラ」の電文が届き、27日までにはほぼ全員が戦死したそうです。
 戦後、ペリリュー島に戻った住民達は夥しい日本兵の遺体を見て涙を流し、「アメリカ人は、日本人の遺体には見向きもせず、自国兵の遺体だけを整理した。ここに征服民族の本性を見る」として、日本軍の遺体を葬り、墓地を作り、自分達の島を守る為に戦い、果てた兵士達を弔い、その墓を守り続ける事を誓ったそうです。
 現在でもこの墓地は島民の手によっていつでも綺麗に掃き清められ、訪れる日本人は驚嘆とともに深い感動に襲われるそうです。
 また、1982年に建立されたぺリリュー神社の境内には、敵国だった米軍のニミッツ提督の次のような言葉を刻んだ詩碑があります。

諸国から訪れる旅人達よ
この島を守るために日本軍人が
いかに勇敢な愛国心をもって戦い
そして玉砕したかを伝えられよ

 また、パラオが独立し、憲法が発布された1981年、国旗と共にペリリュー兵士の歌である「ぺ島の桜を讃える歌」が作られました。
 兵士を桜花に準えるなど、日本的な感性の歌詞は、ペリリューの方であるオキヤマ・トヨミ女史とジョージ・シゲオ氏の二人が作詞しました。

ペ島の桜を讃える歌
 
一、 激しく弾雨が降り注ぎ
オレンジ浜を血で染めた
強兵達はみな散って
ペ島は総て墓地となる
五、 今守備勇士の姿なく
残りし洞窟の夢の跡
古いペ島の習慣で
我等勇士の霊魂守る
二、 小さな異国のこの島を
死んでも守ると誓いつつ
山なす敵を迎え撃ち
弾射ち尽くし食糧もない
六、 平和と自由の尊さを
身を鴻にしてこの島に
教えて散りし“桜花”
今では平和が甦る
三、 将兵は“桜”を叫びつつ
これが最期の伝えごと
父母よ祖国よ妻や子よ
別れの“桜”に意味深し
七、 どうぞ再びペリリューへ
時なし桜花の花びらは
椰子の木陰で待ち侘し
あつい涙がこみあげる
四、 日本の“桜”は春いちど
見事に咲いて明日は散る
ペ島の“桜”は散り散りに
玉砕れども勲功は永久に
八、 戦友遺族の皆さまに
永遠までもかわりなく
必ず我等は待ち望む
“桜”とともにみなさまを

 日本はパラオに稲作や、なす、きゅうりなどの野菜、サトウキビ、パイナップルなどを持ち込み、缶詰めやビールなどの工場をつくり雇用を創出し、道路を舗装し橋をかけ、電気を通し、電話を引くなどのインフラ整備も積極的に行い、住民全てに対して、数種の疾病に対する予防接種を受けさせたため、パラオの人々の暮らしは大きく変わりました。そのため、多くの日本語が現在でも使われ、日本名や日本に因んだ名前の人や地名も多いのです。
 そんなわけで、パラオの人達は日本を尊敬し、慕い、今でも男児が産まれると、強く、賢く、優しい人間になってほしいと「クニオ」「サブロー」「イサオ」等の日本の名前を付けているし、島民の多くが日本に行き、靖国神社にお参りしたがっており、日本国に編入して欲しいとまで申し入れたほどでした。
 パラオの国旗は、青字に黄色の丸で、これは青い海に月が昇ったところをデザインしていますが、これは売国主義者が嫌悪する周辺国へ迷惑ばかりかけたシンボルであるはずの日の丸を元にし、日の光を受けてパラオの月が輝くようにとの願いも込められているそうです。
 ここまで書けば、パラオという超親日国が売国主義者にとって、如何に危険な国なのかがおわかりでしょう。
 日本売国党では、このような親日国に対しては、冒涜しなければならないと考えております。
 ペリリュー島の戦闘で、負けると知りながら最後まで戦った日本兵は今もなお、パラオの人々に慕われており、彼らの死は無駄にならず、現在でも日本とパラオを強く結び付けているため、売国奴としてはその絆を引き千切り、尊い犠牲となった日本兵を犬死ににしてしまう必要があります。

 日本の敗戦によりパラオは、1947年からアメリカの信託統治領となり、パラオの公用語は英語に変わり、アメリカ人教師による目に余る反日教育も行われました。
 アメリカ人は現地に根づいた日本文化の影響力に驚き、日本的なものをすべて排除し、大通りを始め裏道まで舗装された道路は剥ぎ取られ、島々を結んでいた橋は壊され、隅々まで耕した畑は踏みつぶされ、工場はすべて破壊されました。
 これは、戦争に敗れても、日本がアジア解放の盟主としてアジアに影響力を残すことを恐れたためで、連合国側は「日本は侵略国家」「日本人は残虐民族」の宣伝に努め、日本人による「パラオ人虐殺事件」などの掲載された反日的歴史教科書もあったそうですが、パラオの年長者が「そんな話はない!」、「日本軍は、パラオの人間を一人も殺していない!」と否定し、捏造された歴史は南京事件のようには、パラオに浸透しませんでした。
 パラオでは日本の教科書問題に非常に協力的で、国会の議題にあがることすらあり、スティーブ・ウメタロウ議員らが中心となって「日本に真の歴史を」と働きかけてくれています。
 またパラオ共和国を独立へと導いたクニオ・ナカムラ前大統領は、「新しい歴史教科書をつくる会」に賛同する署名もしていて、大統領専用の便箋に記された署名文書には、

 日本国民と日本人が「どの民族も例外なく持っている自国の正史を回復すべく」努力している活動を支持する。この活動が実を結ぶことは、日本の未来の世代をして、偉大なる自国の歴史、伝統、文化に目を見開かせることに積極的な貢献をなすだろう。

 というコメントまで記されています。
 売国奴が言うところの侵略されたはずのパラオの人々が、日本の歴史を正しく評価しようとしてくれていますが、日本売国党では、「諸国に配慮ある記述を」と言いながら、反日教育を盛んにし、捏造した慰安婦問題などで補償を要求したり、自国民を拉致したり、ミサイルまで撃って来る東アジアの一部の国だけを配慮の対象として自国を卑しむだけでなく、小さな南の島国の真心まで踏みにじるという鬼畜としか呼び様が無い売国活動を推進していく所存です。

 パラオ独立後の国定教科書によると、日本の行った学校教育、産業・経済活動等についても詳しく述べられており、それによると、当時の日本式の教育方針がそのまま持ち込まれており、「日本人は体罰を使って非常に厳格なしつけを行った」としながらも、「一年生ですらかけ算の九九を暗記することができた」等、教育水準の高さも語られ、身分を問わず努力次第で公平に認められる社会を構築した成果についても書かれており、日本教育を経験した人の「学校の厳しいしつけが人生に役立った」というコメントも載っているそうですが、売国奴特有の抜書き手法により、「日本人は学校教育においても、体罰を使うなど、島民を虐待し続け、洗脳教育を行った」と喧伝していく所存です。
 また、「労働はきつく給料は安かった」とあり、暑い土地での肉体労働で「労働時間は午前6時から午後5時までで、1時間半の昼食休憩があり、週6日間働いた」ことと考え合わせると、確かに重労働ですが、「1年半働くと、7日間の一時帰休と永久就職の保証が与えられた。15歳以下の者は雇用されなかった」と、現代で言う福利厚生、労働基準のようなもの定められていた事実も続けて記されていて、同時に「日本統治のもとで、パラオの島々の経済発展は産業の強化をもたらした」と農業、漁業、鉱山業の発展について公平に評価がなされていますが、これもお得意の自虐史観によって、島民を安月給で奴隷の様にこき使ったとしなければなりません。

 しかし、流石に売国主義を主体に活動している社民党の前身である社会党の党首で、恐ろしいことに鄙びた山村の村長さんぐらいしか勤まりそうもないのに、総理大臣まで勤めて、震災時に阪神大虐殺まで行った村山富市氏は、立派に売国活動を行っています。
 以下はパラオ銀行の創設者、増田俊男氏のホームページ『増田俊男の時事直言』No.22の一節です。

 村山内閣が誕生した1995年の10月1日、パラオでは独立1周年を祝う式典がくりひろげられた。各国の元首から祝電が届き、米国海兵隊のパレ−ドやチャ−タ−機で乗り付けた台湾の歓迎団、アジア諸国の民族ダンス等が式典場のアサヒグランドを埋めつくした。
(中略)

 この日各国の代表が振る色とりどりの国旗の中に日の丸の旗は無かった。そして全パラオ人が待ち望んだ日本政府からの祝電を読む声は遂に聞くことが出来なかった。私より何百倍もナカムラ大統領は悲しんだ。
 私に同伴して式典に出席した江尻真理子氏と私は金持ちになった日本人ではなくパラオのペリリュ−島の激戦で戦死した日本兵1万2千名の精霊を代表して日本政府の無礼を大統領に深く陳謝した。
 悲しみと、怒りに大統領の指がわずかに震えていた

 パラオは独立以前、世界で唯一非核憲法を掲げた国として注目されたことがあり、ご多分に漏れず、日本でもこの憲法を熱烈に支持した左派勢力が、パラオへの非核ツアーを組んだりしましたが、パラオは、アメリカからの独立と言う悲願達成のため、この非核条項を住民投票によって修正せざるを得ませんでした。
 非核憲法を支持したグループは、その間の経緯には目もくれず、まるでアメリカとの有利な取り引きのため非核の理想を捨てたとでもいうような評価を下したのですが、村山氏がこの憲法改正に対してどのような見解を持っていたかは、容易に想像できるでしょう。
 売国奴特有の思い込みにより、前(さき)の大戦で尊い犠牲となった日本兵を犬死ににしようとしているのは勿論、世界一と言ってもいいであろう親日国・パラオの日本に対する尊敬や愛情の念を踏みにじるという鬼畜でなければできない偉大な売国活動ができるところは、山村の村長さんのような面で、平気で自らのイデオロギーのためなら自国民の命など、どうなってもいいという、まさに国賊的態度ができる村山氏ならではであり、売国奴として立派過ぎるほどです。

※因みに、前述の日本人の魂をくすぐる様な内容を書いている増田俊男氏自身もパラオに設立した「サンラ国際信託銀行」が銀行許可を取り消された後もその事実を隠して日本で銀行業務を継続し、パラオ共和国政府からも「入国禁止」とされ、現地での評判はすこぶる悪いという話もあります。
 どうやら右系との話もありますが、左右まんべんなく国の恥を晒す売国奴が居ることは日本売国党にとっては、大変心強いことです。

 パラオに独立という理想に目覚めさせた日本は、戦争に負けた後、南洋を忘れてしまったかのような態度を取ってきましたが、パラオの人々は遠く離れた日本への愛着を変わることなく抱き続けていましたが、売国奴がこんな対応を続けていれば、いずれこのかけがえのない友情を失う事となるので、売国党では、親日国への冒涜を引き続き行うため、2004年の独立10周年式典でも、再度、パラオの人々の神経を逆なでするような政策を取り続け、中国様、韓国様、北朝鮮の将軍様にだけ配慮し続ける所存です。
 第一回環境会議など国際会議において、国会運営や国内政治状況によってわが国が国家的体面を失いそうになったとき、パラオがわが国の演説順序を交代してくれたり、敗戦以来、日本はパラオから多くの恩義を被り続けています。
 パラオへの日本のODAは少額でも大きな効果をもたらすでしょうが、パラオのような小国に経済援助をして信義に報いるよりも、3900億円の支援を示されても、感謝の言葉ではなく、「評価する」の一言ですませ、あまつさえ憎まれ口まで叩き続ける中国への無駄金そのもののODAを続け、ODA利権をピンハネし続ける所存です。
 また、パラオは観光収入で支えられている国でもあるので、売国奴は、南のリゾートへの旅行を考えている場合もパラオなどへ行ってはなりません!
 万が一、ダイビングなどで パラオパラオへ出かけるなら、ナメクジ以下の立派な売国奴になるために、パラオの生命線である美しい海とビーチにゴミや吸い殻を捨てたり、珊瑚礁に「K.Y」などの悪戯書きをすることが肝要です。


パラオ※パラオ
 ミクロネシア最大のサンゴ礁の島々。
 中でもロック アイランドの奇勝は七色に変化する海とともに有名。第二次大戦までは日本統治の中心南洋庁≠ェおかれた島。
 売国奴はこのような場所に旅行に行ってはなりません。

参考図書

親日国地球の歩き方 パラオ


参考図書

親日国パラオ 海底の英霊たち―記録写真集

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー