日本売国党焚書予定図書
〜南京事件関係〜


『ザ・レイプ・オブ・南京』の研究
 1997年、突然アメリカで出版された『ザ・レイプ・オブ・南京』。歴史的事実を無視したひどい内容にもかかわらず、50万部を越すベストセラーとなり、日本がここで反論しなければ、同書の内容が「世界の常識」となり、情報戦をお手のものとする中国の常套手段により、日本は立ち直れなくなるであろう。
南京事件「証拠写真」を検証する
 「南京大虐殺の証拠写真」として流布する143点を取り上げ、初めて総括的な検証を加えた書。影の長さの計測などあらゆる方法でその信憑性を問い、中国国民党の戦争プロパガンダとの関係を明らかにする。
「南京事件」の探究
 まず結論ありの“神学論争”をやめ、大虐殺があったという「認識」がどのように出現したのかを、歴史学の基本に戻って分析検証する。
南京事件の総括
 “まぼろし派”の第一人者である著者が、南京事件から50年の節目に刊行した不朽の名著、いま堂々の復刊。“虐殺”は完全に否定された。
「南京事件」日本人48人の証言
 当時南京にいた軍人・記者・写真家等、日本人生存者に直接インタビューした証言集である。今は亡き人人も多数含む貴重な証言集から浮かび上がってくる「歴史的事件」の真相とは…?昭和六二年刊行時、各界に衝撃を与えた「第一級資料」を復刊。
戦争プロパガンダの嘘を暴く
実際にバターン半島を歩いた著者が、反日謀略の宣伝に過ぎない“事実”を検証。そこで見えてきた「真実」とは何か。
プロパガンダ戦「南京事件」
 秘録写真で見る「南京大虐殺」の真実。
南京大虐殺の大嘘
 何故いつまで罷り通るか。
1937南京攻略戦の真実
 戦後「悪逆非道の軍隊」と刻印を押された兵士たちの「魂の叫び」に耳を傾けてほしい。
反日教育を煽る中国の大罪
 留まることのない侮日、傲慢、詭弁…どこまで中国政府はつけあがるのか!なぜ、中国は極端な反日・愛国主義国家になったのか?中国の近代化に貢献した日本の数々の恩義を近代史の視点で再確認し、日本に謝罪すべき中国の大罪を糾す。日本よ、これだけは中国に謝罪させよ!


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー