TBSが石原都知事の日韓併合発言を捏造報道

 創刊号で書いたように、売国活動におけるマス・メディアの役割は大切である。
 國賊新聞は、国民の売国意識を煽るための報道を心がけているが、偏向報道だけでは限界がある。
 その限界を破るための更に強力な武器は、「言論の自由」などを遥かに超えた捏造報道でなければならない。
 捏造については、勿論、売国報道機関の大御所・朝日新聞が得意であるが、最近のMVPは何と言っても、TBSだろう。
 売国活動として、大きく評価されているのは、日曜日の朝のTBS系の「報道番組」であるサンデーモーニングの中で、「拉致被害者を救う緊急集会の場」での石原都知事の「私は日韓合併を100%正当化するつもりはない」を「私は日韓合併を100%正当化するつもりだ」という正反対の内容に改ざんした事件である。
 テレビや新聞などでは余り報道されないが、インターネットを活用している人は少なからず、この「快挙」を知っているであろう。
國賊新聞
弐号

 石原都知事の発言については、既にサンデーモーニングの捏造放送の数日前に新聞記事になっており、朝日新聞を始め、毎日新聞などでも「私は日韓合併を100%正当化するつもりはない」と書かれていたにも関わらず、さりげなく「私は日韓合併を100%正当化するつもりだ」と改ざんしたが、ネット上で捏造が明るみになり、抗議のメールなどが送りつけられるに及んで、「聞き取りにくかったから、間違えた」で済ませたのである。
 売国奴には、こういう厚かましさが必要であり、逆に言えば、厚顔無恥でなければ売国活動を続けることが困難であるという証左でもある。
 毎日新聞の役員待遇編集委員という、何やら偉そうな肩書きを持つ岸井成格氏が、いくら馬鹿だからと言っても、この件について自社の新聞を読まずに、テレビで論説を展開するなどという馬鹿で恥知らずなことができるわけがないと考えられる(勿論、岸井成格氏が、それほどの馬鹿で無知で無恥であることを選択肢から除外してしまうのもいけないが)し、発言の前後関係から考えても、「私は日韓合併を100%正当化するつもりだ」などと解釈できるわけないのを
 「世界中の国が合意した中で、合併が行われた。 アメリカがフィリピンや、スペインがフィリピンを獲得しました。オランダがインドネシアや、フランスもドイツもそれぞれアジアに植民地を構えた。全然違う形で日韓の合併が行われたんだ。それをもってね、 私は日韓合併を100%正当化するつもりはない。彼らの感情からすれば、そりゃ、やっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう。しかし、どちらかといえばこれは彼らの先祖の責任の責任であってね。」 から、太字部分だけを抽出して、「だ」という語尾をつけたテロップを流し、亀頭あゆみアナが、「東京都の石原慎太郎知事がまた、問題発言を行いました。 」とやったあげく、売国奴の方々が、したり顔で売国論を述べているのだ。
 解釈は色々あろうが、少なくとも石原都知事の発言は根拠の無い暴論ではない。

 参考資料:李完用侯の心事と日韓和合

 日韓併合についての知事の発言は、売国主義者以外には「歴史的事実」として受け入れられている内容だが、異なる意見があるなら、正々堂々と論議すればいいはずである。しかし、そんなことをやっていたら、売国主義者の馬鹿さが視聴者にモロバレになってしまうため、このような改ざんをし、偏向報道を行い、「朝日新聞だけじゃない!TBSも忘れないでくれ!」と売国主義者としての名乗りを挙げたものと思われる。
 まことにもって頼もしいばかりの売国ぶりである。

 さらに、
「どっかの新聞がたきつけたんだ例によってマッチポンプでな。
あまり騒ぎにならなかったな残念ながら。世間ではやっぱり良識がなってるよ。
どこだ、毎日新聞だな。取材の能力が無いのか、歴史を知らないのかね。世界中の国が合意した中で合併が行われた。」

 という発言から、太字部分の発言だけを抜き出して、在日韓国系団体の抗議の画面の次に見せるという離れ業まで見せている。
 流石、以前にオウム真理教の狂祖の汚いヒゲ面をサブリミナル効果を狙って、映像に折り込むという新手法を積極的に取り入れた局だけのことはある。
 國賊新聞としても、この大胆さは大いに見習うべきだが、この辺の事情については、TBS112捏造報道 に詳しいので、ここでは、その後の売国活動の参考になるものを求めたい。
 まず、TBS同様の売国系メディアであるテレビ朝日の反応だが、この件について石原慎太郎氏が特別会見を開いたのを受けて、「同氏の三男が選挙に落ちた八つ当たり」という偏向報道をして、論点のすり替えを狙った。しかし、これはあまりにも馬鹿過ぎて、石原慎太郎が「好き」か「嫌い」かだけでしかものを考えられない低脳な人間だけにしか通用しない幼稚な論理であり、良識ある一般の人には全く受け入れられなかった。
 おまけに都知事の特別会見予定日が選挙前日には発表されていた事実があるために、テレビ朝日の屁理屈は更に滑稽であった。
 いくら売国奴のオツムの程度が低くても、「好き」か「嫌い」かだけでしかものを考えられない低脳な人間だけにしか通用しない幼稚な論理だけでなく、一般視聴者を扇動できるように、もう一捻り欲しいところであった。
 しかし、苦し紛れとは言え、売国奴としての本分を忘れないところは流石であり、売国主義者としては、常にこのような心がけが必要である。

 さらに、知事会見の際に「流石!」と思わせたのは、やはり朝日新聞の女性記者であった。
 この女性記者は、石原慎太郎氏の公式HPによると、「高田」というらしいが、この件で売国奴としての自分の名をアピールすることに成功したようである。
 この馬鹿 高田記者が会見の場で、糾弾口調で質問?していた内容は、売国主義者にとって、参考とすべきものであった。
 簡単に言うと、高田記者の質問(と言うより、「言い分」)では、前提が「私は日韓合併を100%正当化するつもりはない」であっても、「私は日韓合併を100%正当化するつもりだ」であっても、結果として「当時の他国の植民地支配と比較して、日本の統治は良かった」と言うなら一緒ではないかというのである。
 高田記者が朝日新聞の記者であるということは、朝日新聞社の記者になるためには、中学生の国語の試験に出る読解力テスト程度のものも必要もないらしい。つまり、売国奴であれば記者になれるということになり、逆に言うと、朝日新聞の記者になりたければ売国奴になる必要があるようだ。

 この件については、石原都知事は、結論として「日本の統治は良かったという考えだ」と認めた上で、「前提が異なれば、後に続く文のイメージや意味合いが変わるだろう?もの書きならそれぐらいわかるだろう?」と指摘した直後に、高田記者が同じ質問を繰り返していることから、作戦的にやっているとは思えず、本当にわかっていないのだろうと推定されるが、売国活動のためには、時に真の馬鹿になり切ることもまた大切である。
 女性記者は、馬鹿なだけに自分を正義だと信じ込んで、その先入観からしか物事を見られないようだが、その売国精神の高さは立派である。
 二度目に同じ質問をした際には、都知事が最初と同じように、「もの書きならわかるだろう」と言った後に、「少なくとも国民はわかるよ。はい、次!」と呆れてしまったようだが、この女性記者は、読解力がないというより、もはや、「正義」と「性戯」の区別もついておらず、「正義感の発揚」のつもりが、「性戯感の発情」とゴッチャになって、恍惚とした気分になっているのかもしれない。
 そもそも、従軍慰安婦は、日本国、日本軍による組織的な強制連行などではないことなどは、少しでも調べればわかることであり、これを肯定することを理屈抜きの感情論で真っ向から否定すると言うのは、「最初に結論ありき」でしかなく、カルト教団による洗脳となんら変わりがないことになる。
 つまり、売国奴となるためには、反日カルト的な思想により、自らの行動を制御しなければならない(以前にTBSがやった、オウム真理教の狂祖の汚いヒゲ面のサブリミナル映像は、それをも考えた深謀遠慮だったのかもしれない)。
 冷静に考えればわかることだが、日本軍の規律がいくら厳しかったとしても、中には現地女性を強姦した不埒な兵士も0ではないだろう。和田真一郎二等兵や大久保清軍曹なんていう輩だって居たかもしれない。
 だが、それは国家として組織的に行った犯罪ではない。
 また、徴用なども当時としては、国民の当然の義務であり、当時の法律において、なんら違法性を伴わない。これは、日本においてだけでなく、統治されている以上、朝鮮半島でも当然合法である。
 しかし、法律論以外に感情論もあろう。止むを得ないとは言え、異民族に統治されているだけでも不快なのに、後から考えれば、(止むを得ないことであっても)徴用されたのはさらに不快なのだろう。
 それらの事情、特に和田真一郎二等兵、大久保清軍曹らによる輪姦事件などが国家による犯罪ではないとしても、不良邦人の犯罪などについては、日本政府として遺憾の意を表するのは悪いことではない(ただし、国家犯罪ではないことを国家犯罪として謝罪するのは全く筋違いであるので、売国党員としては、ここぞとばかりに意味も無い謝罪をしなければならない)。
 しかし、前提が「100%正当化するつもりだ」であれば、これらも「関係ねーや」と居直っているという意味になるし、今後、新しい歴史的事実が出てくる可能性までも否定することになる。
 「100%正当化するつもりはない」なら、これらについては否定はしないが、「日本による統治は、当時の各国の植民地政策に比べて人道的であった」と論じているわけで、納得のいかない論理展開ではない。
 別の論理を持つならそれを説明すればいいのに、それをせずに、毎日新聞の役員待遇編集委員という偉〜い(らしい)肩書きを持つ岸井成格氏が、「確信犯的ですよね石原さん」とか、「ある種戦後日本が教育で歪められて」とか、「国民世論を変えたいっていう気持ちがものすごいあるんでしょうね」などと勝手な結論だけを述べているが、その言葉はそっくりそのまま確信犯の自分に当てはまる言葉になる。
 正に自分のことなのに、それを相手の方になすりつけるという図々しさを売国奴なら身に付けないといけないだろう。
 また、本格的馬鹿なのか、確信犯なのかわからないほど唖然とする発言をすることも重要である。
 上記は、本紙だけの深読みではない。
 石原都知事は、「彼らの感情からすれば、そりゃ、やっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう。」と語っている。
 つまり、「100%正当化するつもりはない」と前置きすることで、その感情まで否定しないと言明していると解釈するのが普通だが、TBSのコメンテーターはもとより、高田記者は、(単なる馬鹿なのが理由かもしれないが、馬鹿な頭なりに)論理のすり替えに躍起になっているのだ。
 この自国より、朝鮮半島の方が常に正しいという態度こそ、売国奴に最も必要な態度である。


※本文中で、「鬼頭あゆみアナ」を誤って、「亀頭あゆみアナ」と表記してしまいました。訂正とお詫びを申し上げます。
 放送ではよく聞き取れたのですが、記者の耳では漢字の種類が判別できなかったことが理由であり、意図的に改ざんしたものではありません。
國賊新聞編集部



ハウス『天然効果(R)タマネギの力』


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー